動画で見る症例

症例動画一覧

ここで、ご紹介する動画は病気で悩んでいる方や実際に声が出にくい方には、大変参考になる映像です。一般の方から見ると気分を悪くする場面も一部ございます。動画を見て気分が悪くなる方はすぐに中止するようお願いいたします。

正常声帯

高い音、裏声を出そうとすると輪状甲状筋(前筋)という筋肉が収縮するため声帯は伸びて薄くなります。楽器の弦と同じで高い音が出るようになっています。

声帯ポリープ

左声帯に約2mmのポリープを認めます。発声時にはポリープが邪魔になって声帯がピタッと閉じていません。そのために声のかれが生じています。この程度のポリープであれば、外来で日帰り手術にて摘出することが可能です。

声帯結節音up

両側の声帯中央部付近にやや硬い隆起を認めます。“ペンだこ”と同じようにある程度長い期間音声を酷使したために生じたものです。教師、歌手の方に多く発症します。この場合は外来での手術は困難で、入院の上全身麻酔下に手術しました。

声帯結節手術中

手術中の所見です。下の中央に見えているのは全身麻酔用の挿管チューブです。患者さんは寝ている(仰臥位)状態で口から喉頭鏡というスティール製の管を声帯付近まで挿入し、顕微鏡下に手術します。

喉頭癌

右声帯全体に白く硬そうなものがベタッとできています。声帯にできた癌です。音声も硬い感じです。

反回神経麻痺

左声帯の動きがありません。そのため発声時に声帯同士の振動がおきないため音声が抜けた感じで、弱々しく聞こえます。声を出す神経が麻痺したため生じています。原因の検索と音声の改善手術を行います。

お問い合わせ

03-3946-2087

診療時間のご案内

 
午前 09:00~12:00
午後 15:00~19:00

土曜日は9:00 ~ 13:00
休診日 木曜・土曜午後・日曜・祝日
初診の方は診察終了15分前までに受付をお願いいたします。

アクセスマップ

地図

JR山手線 駒込駅 徒歩1分
東京メトロ南北線 駒込駅 徒歩2分